So-net無料ブログ作成

天然うなぎのおいしい食べ方3種&タレのレシピ公開!

こんにちは。暑い日が続き、夏の訪れを感じますね。夏といえば「土用のうなぎ」。今日は、天然うなぎのおいしい食べ方を3種類紹介します

20100921-unajyuu.jpg

まずは、うなぎといったらコレ!の、蒲焼。蒲焼とはうなぎにタレをつけて焼いたもののこと。おいしく作るコツは、直火であぶること。天然うなぎをお店で買ってきたら、人肌くらいのお湯で温めましょう。その後、半分に切って、ガスコンロ用の魚焼き網などを利用して直火であぶります。身に泡が立ってきたら焼けてきた証拠。よりおいしく仕上げるためには、タレを塗ってもう一度軽くあぶります。もしガスコンロや網がなければ、水気をきってからアルミホイルで包んで魚焼きグリルで3分ほど熱しましょう。終わったらアルミホイルを開いてタレを塗って、今度は包まずそのまま1分ほど加熱しましょう。これでおいしい天然うなぎの蒲焼の完成です。

気になるタレの作り方もご紹介します。準備するのは濃い口醤油350cc、みりん300cc、砂糖250g、酒100cc。もしあればうなぎの頭や骨なども。みりんと酒を混ぜ、強火で沸騰させます。アルコールをとばすことが大事です。うなぎの頭や骨もこのときに入れましょう。そこに砂糖を溶かし、しょうゆを入れてもう一度煮立たせます。その後弱火にして15~20分煮詰めれば完成です。できあがったものは一度こして冷蔵庫で保存できます。

次に、天然うなぎの白焼き。こちらは下味をつけず、そのまま焼くので淡白な味が楽しめます。焼いた後に上記のタレにつけて味わえば、絶品です。

最後はうな丼。タレをご飯にもからめて、天然うなぎの蒲焼をのせれば、スタミナのつく一品の完成です。

今年はうなぎを食べて、夏気分を味わってみては?


sponsored link






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。