So-net無料ブログ作成

カキ氷に手作り梅シロップ 梅ソーダに応用可能

梅雨が明け、本格的な夏を感じる日も増えてきました。

暑い日は、冷たいかき氷を食べて涼しさを感じたくなりますよね。かき氷にかけるシロップはお店で数多く売られていますが、今回は家庭でも簡単に作れる梅シロップの作り方をご紹介します。梅ソーダにも応用可能です。

center_3396_item3.JPG

用意するのは青梅と、それと同量の砂糖のみ。もちろん、梅を漬けるためのガラスびんも必要です。砂糖は白桃でもグラニュー糖でも、氷砂糖でも黒糖でもかまいません。

作り方もとっても簡単。まず、梅を洗います。このときスポンジなどでこすらないようにしましょう。洗い終わったらザルなどに入れ、よく水気をきりましょう。キッチンペーパーなどで水気を拭き取ってもかまいませんが、このときもこすらないように注意してください。

次に、漬ける容器を煮沸消毒します。そして、梅と砂糖を交互に入れていきましょう。一番上が砂糖の層になるようにするのがベターです。最後にしっかり蓋をして、冷暗所に置いておきましょう。あとはカビるのを防ぐために毎日朝晩ゆすれば、10日~1か月ほどでおいしい梅シロップが完成します。

完成した梅シロップは一度火にかけて殺菌しましょう。梅シロップができあがったら、ぜひかき氷にかけて食べてみてください。甘酸っぱさがやみつきになりますよ。

そのほかにも、炭酸水で割れば梅ソーダとしてもおいしく飲めます。梅ソーダにゼラチンを入れてゼリーにしても、涼しげなおやつになります。紅茶に入れても、ホットケーキにかけてもよし。お酒を割る時に使うのもアリですね。

今年は手造り梅シロップで、爽やかな夏を♪


sponsored link






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。