So-net無料ブログ作成

うなぎの栄養を最も効果的に摂取する食べ方とは?

夏を代表する食べ物といえば、うなぎ。普段はめったに食べないけれど、うなぎを食べないと夏になった気分がしないという方もいるのではないでしょうか。

昔から「丑の日」に「う」のつく食べ物を食べると夏バテしないと言い伝えられてきたことが、夏にうなぎを食べる習慣につながったと考えられています。うなぎに豊富に含まれるビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンD、ビタミンE、DHA、EPA、ミネラル(鉄・亜鉛・カルシウム)は、栄養バランスを整えて健康的な生活をもたらしてくれます

さらにカロリーも低く、疲労回復の他にも脳卒中の予防効果があったり、丈夫な骨を維持したりと、さまざまな美容・健康効果が。ここで注意したいのが、うなぎには食物繊維やビタミンCが含まれていないこと。食べる時は、食物繊維やビタミンCが豊富に含まれている緑黄色野菜と一緒に食べると、より栄養バランスの取れた食事をすることができます。

うなぎの食べ方として有名なのは蒲焼ですね。これにサラダを添えれば、夏の暑さにも負けない体を作ることができそうです。うなぎのこってりしたおいしさは脂肪によるものですが、焼いたり蒸したりして余分な脂を落とすことで、おいしくいただくことができます。

201007280840435b9.jpg

なんと、うなぎの蒲焼をひと串食べるだけで、1日に必要なビタミンAの3倍の量を摂取することができるんです。今年の夏もうなぎを食べてスタミナをつけ、夏の暑さを吹き飛ばしましょう!


sponsored link






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。